【2019年ベストバイ】買ってよかったものはこちら

自宅で手軽にコールドブリューコーヒーが楽しめる!水出しコーヒーサーバー「Wiswell Water Dripper」をレビュー【PR】

https://tatsumono.com/wp-content/uploads/2019/01/010986C5-CDF1-4468-9639-00BF37B7B4B5-1.jpeg
タツモ

こんにちは。@tatsumoです。

この記事では持ち歩ける本格水出しコーヒーサーバー、
Wiswell Water Dripper (ウィズウェル ウォーター ドリッパー) を紹介します!

水出しアイスコーヒーといえば”夏”のイメージが強いですが、これからの季節でも部屋の中であっさり、すっきりとした口当たりのコーヒーもクセになるほど美味しいんですよね。

こちらの商品はメーカー様よりご提供いただきました。

そもそも「水出しコーヒー(コールドブリュー)」とは?

水出しコーヒー(COLD BREW:コールドブリュー)とは、水でコーヒーを抽出する方法です。
水出しコーヒーにも浸漬式(しんししき)滴下式 (てきかしき) があります。

浸漬式とは、水の中にコーヒー粉を付けておく方法。だいたい8時間くらい浸けておきます。
滴下式とは、ウォータータンクに水を入れポタポタと時間をかけて水を落としていく方法です。
器具によりますが、早いもので30分~1時間くらいで出来上がります。
水出しコーヒーはハンドドリップやマシン抽出と違い時間をかけてゆっくり、
そして低温抽出するので苦味や雑味が出にくく、すっきりとした味わいが特徴です。カフェインも少なめなので普段、コーヒーが少し苦手という人も水出しコーヒーは飲めるという方もいます。

Wiswell Water Dripper(ウィズウェル ウォーター ドリッパー)の外観

「 Wiswell Water Dripper」は滴下式タイプです。
滴下式の水出しコーヒー器具というと、少し大掛かりで扱いにくそうなイメージがありますが、「 Wiswell Water Dripper」はすごくコンパクト!見た目もすっきりしているので、インテリアにもなじみます。
ツヤのあるブラックはスタイリッシュで高級感がありますね。

カラーバリエーションは↑画像の”ピアノブラック”の他に↓”クリームホワイト”もあります。

Wiswell Water Dripper(ウィズウェル ウォーター ドリッパー)の使用方法

まず、パーツです。
トップカバー(フタ)・ウォータータンク・コーヒーバスケット・バスケットホルダー・コーヒーサーバーの5つ。

パーツが5つしかないので、シンプルで使いやすそう。セッティングも簡単に出来そうなので、
水出しコーヒー初心者でも安心して使えます。
また、滴下する水を調整するコップも取り外し可能。
材質を見てみると、ウォータータンクやコーヒーサーバーはトライタン製、コーヒーバスケットやコックは
ステンレス製。しっかりした素材で出来ているので、食洗器に入れても大丈夫です。
シンプルながら、造り、材質ともにしっかりしているので、安心して長く使えそうです。

では、実際に水出しコーヒーを淹れてみます。

冷たいお水をご用意ください

用意するものはコーヒー粉40g(中~細挽き、深煎りがおすすめ!)、
水300ml、専用ペーパーフィルター2枚(付属で100枚付いています)の3つのみ。

まず、コーヒーバスケットにペーパーフィルターを1枚敷きます。
そこへコーヒー粉を入れ、コーヒー粉全体が湿るくらいの水を入れ軽くかき混ぜます。

その後、表面を平にして濡らしたペーパーフィルターを上にのせます。

コーヒーサーバーにバスケットホルダー、コーヒーバスケット、ウォータータンクをセットします。

コーヒーバスケットをセットしたら・・

ウォータータンクをセットし水を注ぎます。

このときに、コックが締まっているのを確認します。コックが開いていると水が出てきてしまうので滴下が始まってしまいます。

しっかりとセットが出来たら、コックを開きます。滴下確認用窓があるので滴下の様子を見ながら水の滴下速度を調整することができます。
あとはコーヒーが滴下して、抽出されるのを待つだけ!
ポタポタとコーヒーが滴下している様子は時間を忘れ、ゆったりとした気分にさせてくれます。

30分後、滴下が終わり抽出完了!
もう少し時間がかかるかと思っていましたが、滴下式にしては早い!
出来上がり容量は250mlくらいです。

グラスに注いでみます。

いかにも”コーヒー”といった色ではなく、なんとなく紅茶のような色合い。
グラスに光が差し込んでとてもきれいです。

https://tatsumono.com/wp-content/uploads/2019/01/010986C5-CDF1-4468-9639-00BF37B7B4B5-1.jpeg
タツモ

口当たりがよくすっきりとした味わいで美味しい!


コーヒーらしい強さはないけれど、苦味は少なくまろやかです。
普段、ミルクを入れてカフェラテにすることが多いのですが
この水出しコーヒーはそのままで味わいたい、と思わせる味でした。

すっきりとした味わいなので、食事にも合いそうです。
この日は天気もよかったので、再度水出しコーヒーを淹れ、近所のパン屋さんで買ったオープンサンドと一緒に。

Wiswell Water Dripper(ウィズウェル ウォーター ドリッパー)はお手入れもカンタン

お手入れについてですが、パーツを分解し、コーヒーバスケットに入っている
抽出後のコーヒー粉を捨てます。そのあとは水で流すだけで、きれいになります。

コーヒーバスケットのメッシュはそこまで細かくないので目詰まりしません。
お手入れが簡単だと気軽に使えていいなと思います。

目詰まりせずきれいに

Wiswell Water Dripper(ウィズウェル ウォーター ドリッパー)のまとめ

こんな方におすすめ
  • 家で気軽に水出しコーヒーを楽しみたい方。
  • あっさりとしたコーヒーが好きな方。
  • 水出しコーヒーを早く、でもおいしく淹れたい方。(浸漬式より抽出時間が短い)
  • 簡単だけど本格的な水出しコーヒーを家で作りたい方。

自分好みの水出しコーヒーを

今回は、家にある普段使っているコーヒー粉を使い、普段飲んでいるミネラルウォーターで抽出をしました。
抽出方法がシンプルなのでアレンジは無限大です。
豆を変えてみたり、ミネラルウォーターを軟水、硬水で飲み比べをしてみたり。
ぜひ「 Wiswell Water Dripper」を使って自分好みの水出しコーヒーを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です