【2019年ベストバイ】買ってよかったものはこちら

ふるさと納税おすすめ返礼品、高級キーボード、東プレのREALFORCE(リアルフォース)の選び方・まとめ

タツモ
タツモ

こんにちは。@tatsumoです。

2020年も残すところ約2ヶ月。皆さん今年のふるさと納税はお済みでしょうか。もしまだお済みでない場合、ガジェット好きの方に是非おすすめしたい返礼品があります。東プレのリアルフォース。なんとあの高級キーボードが返礼品として用意されているんです。この記事では楽天ふるさと納税で用意されているリアルフォースのラインナップと返礼品としていただいたキーボードを紹介します。

その前になぜふるさと納税でキーボード?

静電容量無接点方式を採用した極上の打鍵感を味わえる東プレのリアルフォース。僕も色んなキーボードを試打したことがあるのですが、リアルフォースの打鍵感は安物キーボードとは別格。値段が2万円近くするのでキーボートとしてはお高く、中々手が出しづらい価格。ところがなんと2020年の神奈川県相模原市のふるさと納税返礼品としてリアルフォースシリーズが追加されました(2月の発表なので大分遅いですが笑)。毎日使える、長く使えるものなのでガジェット好きの方は持っていて損はない逸品だと思います。リアルフォースって相模原の工場で製造されていたんですね・・

No Title

REALFORCEキーボードが相模原市のふるさと納税のお礼品に6機種も選ばれました。相模原市へのふるさと納税いかがでしょうか。https://t.co/RaBSJ4IqWC pic.twitter.com/kKsIDNGfZv

ふるさと納税で選べるリアルフォースのキーボード一覧

ふるさと納税の返礼品として用意されているリアルフォースシリーズはこちら↓

※横にスクロールできます
※変荷重はすべて(30g、45g、55g)です。

画像型番納税額参考価格分類配列テンキー荷重APC
R2TLA-JPV-IV61,000円22,000円日本語なし変荷重あり
R2-US3-BK AGBZ3162,000円22,000円英語あり等荷重30gなし
R2-USV-IV AGBZ0262,000円22,000円英語あり変荷重なし
R2-US5-IV AGBZ5262,000円24,000円英語あり等荷重55gなし
R2-US5-BK AGBZ5162,000円24,000円英語あり等荷重55gなし
R2-USV-BK AGBZ0162,000円24,000円英語あり変荷重なし
R2-US3-IV AGBZ3262,000円24,000円英語あり等荷重30gなし
R2-JPVM-BK AGCM0169,000円29,000円Mac日本語あり変荷重なし
R2TL-USVM-BK AHDM0169,000円28,000円Mac英語なし変荷重なし
R2-JPVM-WH69,000円29,000円Mac日本語あり変荷重なし
R2TLA-JP4G-BK AFAZ0571,000円34,000円ゲーミング日本語なし等荷重45gあり
R2A-JP4G-BK AEAZ0571,000円34,000円ゲーミング日本語あり等荷重45gあり
R2TL-USVM-WH AHDM0272,000円28,000円Mac英語なし変荷重なし
R2SA-JP3M-BK AGCM0379,000円33,000円Mac英語なし等荷重30gあり
R2SA-JP3M-BK AGCM0382,000円35,000円Mac日本語あり等荷重30gあり
R2TLSA-US3M-WH AHDM0482,000円33,000円Mac英語なし等荷重30gあり
R2SA-JP3M-WH88,000円35,000円Mac日本語あり等荷重30gあり
]

現在リリース中の全型番がラインナップされてるわけではありませんが、選択幅はかなり広いです。

また、納税額は61,000円~88,000円となるため、控除上限額を超えずに実質負担金額2,000円にしたい場合は年収にして約500万円以上が必要になってきます。※正確な計算はふるさと納税のサイトを参考にしてみてください。楽天会員・楽天カードの場合、楽天ふるさと納税で申請すれば2,000ポイント以上付与されます!

ふるさと納税リアルフォースの選び方

一覧の中からどれを選べば良いの?という方も多いハズ。選ぶ際のポイントをまとめてみました。

配列について

日本語配列、英語配列について、見た目にこだわりがなければ日本語配列が無難です。また、テンキーを使っていない方はテンキーレスを選んだほうがデスク上のスペースを確保しやすいですね。個人的にはマウスまでの腕の移動負担をなくしたいのでテンキーレスをおすすめします。

キー荷重

荷重はキーを押すときの重さです。荷重が重いほどキータイプ時の力の加減が変わってきます。
変荷重は、30グラム・45グラム・55グラムが混在していて小指で押す想定のキーが軽くなっています。
等荷重は全キーがすべて同じ重さになっています。大量のタインピングを想定する場合はキーが軽く疲れにくい30グラムの等荷重をおすすめします。ただ非常に軽いキータッチなのでタイプミスが増える可能性もあります。「押してるぞ!」というしっかりしたキータッチでタイプミスも少なくしたい、標準的な使用を想定する場合は45グラムの等荷重が良いと思います。55グラムは重めなので個人的にはあまりおすすめしません・・

人気のHHKBは同じ静電容量無接点方式スイッチ、等荷重45グラムなので、同等のタイピング感にしたい場合は等荷重45グラムになります。
ただキー荷重については好みや作業を想定して選んだほうが良いと思うので、家電量販店等で試すことをおすすめします!

Windows?Mac?ゲーム?

↑の表で分類「Mac」と記載あるものがMac用のリアルフォースになります。通常モデルでもWindowsで使えるようですが専用ソフトウェアで設定が必要になってきます。※「REALFORCE for Mac」テンキーレスモデルに至っては今年発売の最新モデルになってます。
Realforce RGB 」はゲーミングキーボードに分類されていて、各キーにLEDバックライトを完備しています。
ご自宅、仕事場の用途・OSに合ったキーボードを選ぶことをおすすめします。

今回返礼品でいただいたR2TLA-JPV-IV AHAZ06

ものすごく丁寧に梱包されており好印象。

お礼状もしっかり。

日本語配列・テンキーレスの変荷重モデル

僕が今回返礼品としていただいたのがR2TLA-JPV-IV AHAZ06という型番。アイボリーを基調としたレトロ風なキーボードです。テンキーレスのサイズ感もデスク上で収まりがよく、変荷重のためキータッチは軽快です。はじめてリアルフォースを選ぶ場合はエントリーモデルとしておすすめしたいです。会社用でも良いかも。

まとめ

以上、ふるさと納税・リアルフォースの情報をまとめてみました。予め家電量販店等で自分にあった打鍵感のリアルフォースを試せると良いですね。

来年も用意されているかは不明なためお早めの申請をおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です