【2019年ベストバイ】買ってよかったものはこちら

ダイノックファインウッドのカッティングシートでプチDIYをやってみた

こんにちは。

自室のデスク、中学生のときに購入してから15年たちました。はよ新しいデスクに変えろ、という話なのですが、15年ともなると愛着がありまして、中々処分しづらいのです。

気軽にデスクの色を変えられたらなー、と思い、amazon、楽天を検索していると、よさげなものが。

ダイノック ファインウッド FW-1022 ウォールナット

「プロ仕様の粘着剤付き特殊カッティング用シート材です。
表面強度が良く、耐久性がバツグンなので、車の内装や、室内扉の表面、 エレベータ内の壁面などに使用されている化粧材です。」とのこと。また、

  • PRに「女性の方でも簡単にできる!簡単模様替え!」
  • 良い感じの木目且つウォールナット
  • 質の割に安い

ということで購入しました。

長い筒です

幅が120cmあるので結構長め。中身は固いダンボールに包まれ、さらにプチプチでラッピングされており丁寧に梱包されていました。

作業前に。貼付け前の机です。

15年もの 左上のコードを通す穴の蓋は紛失

オフィスにある業務用のデスクのデザインで、幅120cm奥行き60cmの広々設計。引き出しもあり、ケーブルホールが完備されておりPCデスクとしては非常に使いやすい。耐久性も高く、15年たっても余裕な感じです。

デスクを軽く拭いたあと、さっそく開封したシートを載せてみます。

こんな感じ

デスクに対して大きすぎるので余分な箇所をカットします。

ちなみにカッターも一緒に購入したのですがこれが正解。このあとの作業難易度がかなり楽に。

プレシジョンカッターナイフ

”人間工学に基づいたフィット感と本格的な使いやすさを追求した逸品。”

その謳い文句どおり、めちゃくちゃ使いやすい。このカッティングシートにはこれをセットで売った方がいいんじゃないか?というくらい、軽い力で軽快に作業ができる。しかもグッドデザイン!

そしてカットしたシートを載せて、フィルムを少しづつ剥がしていきます。

少しづつ剥がす。

このとき、付属していたスキージーを使用し、少しづつ空気を抜きながら貼り付けていきます。気泡が出来ていてもスキージーでこすればなくなります。本当に簡単。

その後、余分な箇所をさらにカットし、角はドライヤーで温めながら貼り付けていきます。

そして出来がったNEWデスクがこちら。

結構きれいに貼り付けできました。 曲線部分等の貼り付けは少し難しく、荒削りになってしまいましたが。
作業時間は大人1人で約2時間くらい。誰かに手伝ってもらえるとさらに短時間でキレイに貼れるかもしれないです。

近くでみても木目がきれい。ウォールナットの質感が高級感あります。カッティングシートとはおもえないくらいです。

ディスプレイ、キーボード、マウスを置きます。土屋鞄のレザーマウスパッドが合う。

実際にデスクで作業してみて感じたこと

  • 質感が良い
  • ずっと触っていたい
  • 耐久性がある(汚れとか着きにくい。さっと拭けばキレイになる)

ものすごく満足です。是非皆さんも試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です