30代夫婦の共用デスクツアー公開中

【秒でスキャン】CZUR Lens Proをレビュー。スキャナー、WEBカメラ、デスクライトと3WAYで使える多機能ガジェット【PR】

たまった書類や伝票など、データ化したいけどめんどうだなーというときに便利なスキャナーデバイスの「CZUR」。
大量の資料を効率良くスキャンできる機能性が好評で、以前当ブログでもレビューさせていただきました。

今回、コンパクトになったエントリーモデルのCZURシリーズ新作をご提供いただきましたので早速紹介していきます。

本記事は メーカー様よりサンプルをご提供いただき作成しています。

目次

CZUR Lens Pro の特徴・スペック

CZUR Lens Pro はCZUR社が開発した非破壊型(本を裁断する必要のない)のポータブルスキャナー。CZURシリーズはデスクライト型でスキャナーとは思えないデザインが特徴で、企業や公的機関などでも採用されていて世界的にも認知度が高まっています。以前当ブログでも「CZUR Shine」をレビューさせていただきました。

この度新たに発売された「CZUR Lens Pro」の特徴は下記のとおり。

CZUR Lens Proの特徴
  • 小さく軽いので持ち運びに便利(約420グラム)
  • 秒速スキャンで、作業効率UP(1回1秒)
  • スキャンしたデータはテキストデータ化(OCR)
  • スキャン操作が楽ちん(書類を入れ替えるだけで自動でスキャン可能)
  • ウェブカメラとして手元の映像を投影可能

コンパクトで持ち運びがさらに容易になっただけでなくWEBカメラとしても使えるガジェットになりました。

CZUR Lens Pro のスペックは下記のとおり。

サイズ78.5×105×352.5mm(長さ×幅×高さ)
製品重量0.42kg
画素数1200 万
解像度3968*2976
センサーCMOS(sony 製)
スキャンスピード1 秒/1 回
スキャン対応サイズA4 まで
エクスポートフォーマットJPG、Word、Excel、PDF、検索可能な PDF、TIFF
動画エクスポートフォーマットMP4
カラービット数24 ビット
ソフトウェア対応 OSWindows XP/7/8/10/11 32-bit/64-bit
MacOS 10.11 以降

CZUR Lens Pro の外観

黒いおしゃれな化粧箱。前シリーズよりさらにシンプルなデザインで好印象。

中には本体の他、マニュアル・専用ソフトインストール用ディスク・専用マット・USB-Cケーブル・USB-A変換アダプタが同梱されてます。※USB-A変換アダプタについては別売りオプションなので注意。

こちらが CZUR Lens Pro 本体。如何でしょう。この無駄のないミニマルなデザイン。めっちゃ好みです。

CZUR シリーズはオーバーヘッドタイプの構造なのでスキャナーに見えないのが特徴。デスクにただ置いておくだけでも良い感じです。

色味はツヤを抑えたマットブラック。最近デスク周りのガジェットはマットブラック系で統一しているのでが嬉しい。
ちなみに色展開はなくブラックのみです。

ヘッド部分には対象をスキャンするためのカメラ。横からみたときのデザイン、素敵。

1200万画素のCMOSカメラとLEDライトが搭載されてます。

本体下部にはLEDライトの電源ボタンと電源ランプ。ちなみに支柱は180度回転して固定することも可能。

片手でラクラク持てるので持ち運びしやすい。全長約35cmなのでリュックにもギリ入るサイズ。でもわざわざ外でスキャナーを使うことはないかも..

気になる重量は..500グラムをきる約416グラム。ペットボトルより軽いんです。

本体底面にはUSB-C端子。ケーブル固定用の溝もあるので左右、上、どこでも配線しやすい。USBケーブルを通じてPC側から電源を供給するバスパワー形式なので接続するだけですぐに使えるのも嬉しいポイント。

マットの溝部分に本体を設置。滑りにくい素材なのでデスクでもずれる心配はなさそう。

CZUR Lens Proを使ってみた

デスクに作業マットをひいて準備。奥行き70cmほどのデスクなんですがキーボードをどければギリ設置できました。以前レビューしたCZUR Shineは結構でかめだったので個人的にはこれくらいのサイズ感の方が場所をとらないので好み。

作業マットの四隅に”「」“マークがあります。スキャンしたい対象を範囲内に収めるための目安です。

   デスクライトとしても使える

LEDライトを点灯させるとこんな感じ。部屋の明暗に合わせて調整ができますね。スキャンしないときはデスクライトにも使えるので便利!

専用ソフトウェアでスキャンデータを管理

CZUR Lens Proを使うには専用のソフトウェアが必要です。ソフトウェアは付属のCDでもインストールできるんですがドライブがない場合CZUR 公式 HPからダウンロード可能。

また、使い方は簡単。資料をマットに設置してスキャンボタンをクリックするのみ。書類、メモ書き、複数枚の名刺・領収書などあらゆる資料をワンクリックで瞬時にデータ化してくれます。CZURシリーズのソフトウェアは見やすさ、操作性が好評で初めて使う方でもすぐ使いこなせると思います。機能も豊富で取り込んだデータの編集もしやすいですよ。

また、ソフトウェアのアップデートも定期的に実施されるので安心。

まとめてスキャン

名刺やレシートを一気にスキャンできる機能。↑のようにバラバラにカードを置いても..

1枚づつスキャンしてくれて画像として保存できるんです!大量の名刺や領収書などをまとめてスキャンしたいと助かります。

画像内の文章をテキストデータ化 (OCR機能)

結構便利だなと思ったのがこのOCR機能。スキャンした画像内の文字を認識してWordや Excel 、PDFにも出力可能なんです。

こういった厚めの本の一部をスキャンして..

左が読み取って出力したテキストデータ。完璧..!まではいきませんが精度は高め。

ビジュアルプレゼンモード

ビジュアルプレゼンモードで手元の資料を動画で撮影することも可能。WEB会議などで手元で図を描きながらだと説明が伝わりやすいですよね。

資料だけでなく物撮り時の俯瞰撮影にも。

WEBカメラとしても使える

スキャナ用ソフトとは別にカメラ機能に特化したソフトウェア「CZUR camera」。↑のように CZUR Lens Pro を折りたたんだ状態で WEBカメラとして使えるんです。もう1台のカメラを繋げばワイプ形式に表示することも可能。

CZUR Lens Proのまとめ

以上 CZUR Lens Pro (シーザーレンズプロ) についてレビューしました。

スマホのスキャンアプリだと管理が煩雑になりがち..スキャンに特化したデバイスがあれば手軽に且つ効率的に資料をデータ化できるのでおすすめです。

スキャナー用途だけでなくデスクライト、WEBカメラと3WAYで使えるのでデスク周りに1台あると便利ですよ!

CZUR Lens Pro のまとめ
  • ペットボトルより軽量なコンパクト設計!
  • 専用ソフトウェアが使いやすい
  • 手元の資料を移しながらWEB通話可能
  • デスクライトとしても使える
  • 専用カメラソフトウェアでWEBカメラにも
  • 電源不要でUSB-C接続ですぐに使える

クラウドファンディングサイト、「Makuake」で是非チェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる