【2019年ベストバイ】買ってよかったものはこちら

【ミニマルで重低音】USB Type-C給電・コスパ抜群のCreativeのPebble V2が手軽に高音質を楽しみたい人におすすめ

タツモ
タツモ

こんにちは。@tatsumoです。

PCでYouTubeや音楽ファイルを再生するとき、今まではイヤホンやディスプレイ搭載のスピーカーで音を流していました。もっと奥行きのある音で臨場感や迫力がほしいなー、でも本格的なスピーカーだと値段も高いし置く場所もないしなー、とAmazonで探していたところめっちゃ良いアイテムを見つけたので早速購入しました。

この記事では Creative Pebble V2(クリエイティブ ペブル ブイ2)を紹介します。

Creative Pebble について

Amazonでレビュー3000超えのコンパクトスピーカー「Pebble(ペブル)」。そのミニマルなデザインと2000円レベルとは思えない音質でコスパ抜群スピーカーとしてAmazonでバカ売れしてたようです。その後継機で「高出力モデル」として機能改良されたのが今回紹介する「Pebble V2」です。

家電批評(家電雑誌)でも「U5000円 PCスピーカー部門 BEST BUY」に選出されるなど話題性もある人気のスピーカーです!

ちなみに前モデルとの違いは【価格・USB接続の種類・最大出力W数・カラバリ】。

Creative Pebble V2の外観

サイズ感は縦116×横122×底奥行き115mm

球体部分の色はブラックだと思ったのですがよく見るとメタリックなネイビーに見えます。全体的にはマットな質感で高級感があり◎。また、スピーカーの向きが45°の上向きになっていて、デスクに設置した場合、丁度顔あたりに音が伝わるので迫力があります。箱型の四角いスピーカーが多いなか、この球体型のデザインは結構好きです。

スピーカー背面にはパッシブ ラジエーター。このコンパクトさで低音が良いのはこれのおかげ。

手で持った感じ。重さは片方で約300グラム。

スマホと比較するとコンパクトさがわかりますね・・

Creative Pebble V2の使い方

本体からのびているUSB Type-Cと3.5mmプラグの2本のケーブル。USBポートにUSB Type-Cを接続・給電すると動作します。あとは3.5mmプラグケーブルをPCやテレビ・スマホ・Switchなどのヘッドホン端子につなぐだけ。接続先を自由に選べるのも◎。ただどちらもケーブル長さが1.2Mなので設置場所によっては短いかも?

USB-Type-Aの変換アダプタも付属しているのでType-C端子がなくても安心。

本体部分につまみがあり、電源のオンオフと音量を調節することができます。つまみ横のランプ(RGB)は高出力(最大16W高ゲインモード)モード・通常出力モードによって点灯する色が変わる仕様に。Type-Cで接続している場合は自動で高出力になります。

モニター下に設置してみた

僕の使っているモニターはEIZOのEV3285。スタンドで上下の高さ調節ができるモニターです。高さを上げられればモニター下に設置することもできます。

丁度良い収まり感。

音質について

細かい音質については素人な僕でも高出力モードで動画や音楽を再生すると今までの安物スピーカーとは音の臨場感、迫力が違う、「重低音の効いた奥行きのあるサウンド」を感じました。また高音、低音もバランス良く、全体的に聞き取りやすい、聞いていて疲れを感じません。低価格帯のPCスピーカーとしては必要充分な音質ではないかと思います。

↓動画も撮ってみました。※音量注意

Creative Pebble V2のメリット・デメリット

メリットデメリット
・値段が安く手軽に高音質を導入できる
・ミニマルなサイズ感でデスクで邪魔にならない

・USB Type-C給電
・手元で操作できる
・見た目の色
・コード類

・値段が安く手軽に高音質を導入できる
2020年8月時点で3,280円と非常に安価。Amzonでもプライム対象で定期的にクーポンもあり手を出しやすい価格なのでリビング用などに複数個買っても良いかも。
・ミニマルなサイズ感でデスクでも邪魔にならない

ミニマルなサイズ感なのでよっぽどものが多くなければデスク上でも邪魔にならない。高さ調節できるモニターであればフレーム下に設置できて便利。


・USB Type-C給電

最近搭載しているPCも多いので他のガジェット類と端子が統一できるのは嬉しいですね。Type-A変換アダプタもついているのも良き。
・手元で操作できる

本体のつまみで感覚的に音量の微調整ができるのは便利。画面上のポインタ操作だと音量の微調整って少し煩わしいですよね。

・見た目の色
メタリックネイビー?のような少し青みがかった色。遠目から見るとブラックですが好みがあるかも。完全にブラックが良い場合は前モデルがおすすめ。前モデルとの違いは【価格・USB接続の種類・最大出力W数・カラバリ】なので高出力とType-C接続にこだわらない場合は値段も安い前モデルも良いと思います!

↓前モデルはブラック以外にホワイトもあります。

・コードの長さ
USBと3.5mmのケーブルが1.2Mと少し短め。僕は繋いでいるPC本体が別場所にあるのでギリギリの長さでした。有線の分充電や電池交換の手間はなく、高音質です!

Creative Pebble V2のまとめ

以上、Creative Pebble V2を紹介しました。映画館のような高品質サラウンド!とまではいきませんが、僕のように手軽にPCの動画や音楽を高音質で流したいという方にはおすすめです。

前モデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です